前へ
次へ

一定の姿勢や過度の動作や運動も腰痛を招く

こんなことでも腰痛になるのというような、些細なことや何気なく行うことが発端となることがあります。ネット時代にありがちな慢性的な猫背や前かがみの姿勢も、直立の姿勢なども意外と腰には負担です。明らかに悪い姿勢は腰にある筋肉に負担ですが、一定の姿勢を長く続けるのも負担には変わりはありません。よくありがちなのは急に重量がある荷物を持ち上げる行為ですが、ハードな運動をすることでも腰痛になることは少なくはありません。肉体労働をすることで全身の筋肉の中でも、特に腰の筋肉を使いすぎても痛みは起こります。過度の運動も動作も引き金になるため、動作は急激に行わないこと、筋肉の酷使は避けることです。腰の筋肉は年齢と共に衰えますが、普段の運動不足も同じように衰えさせます。衰えてしまうと余計に負担がかかるので、無理なくできる運動習慣を身につけて、日頃から筋力の向上に努めることです。加齢により骨も老化現象を起こしますので、食事でカルシウムを十分に摂取するように心がけます。

Page Top