前へ
次へ

腰痛が原因で癌になるリスクも考えて

腰痛と癌は、直接的な因果関係が無いと思われがちですが、腰の痛みからの原因で癌になる可能性は0ではありません。腰痛を引き起こすと、2つの負担が心身に影響を与えます。一つ目は、物理的な内容であり、二つ目は、心的な内容です。腰の痛みは、血流の流れが悪い状況でもあり、栄養を必要としている細胞に栄養が届けられず、老廃物を回収できない中で、癌細胞を作り出してしまう可能性を高めてしまいます。人の体は、誰しもが癌細胞があると言われており、免疫細胞が癌細胞を排除してくれているのです。腰痛によるストレスは、この免疫細胞の力を弱め、癌になるリスクを高めてしまいかねません。痛みが治まったとしても、いつ痛みが現れるか分からない不安感は、心の底から安心できる状態ではないでしょう。あくまでもイメージとして、腰痛を抱えている人の顔色は、健康的に見えないのではないでしょうか。腰の痛みが起きれば、病院に足を運ぶのも大切であり、病院での治療は、心の底から安心感を得られる話でもあるはずです。

Page Top